猿岩石のヒッチハイクでやらせがあった!?森脇が逮捕された理由の真相に迫る

猿岩石のヒッチハイクでやらせがあった!?森脇が逮捕された理由の真相に迫る

ちょっと昔の話になりますが、今や伝説的な番組となった「進む電波少年」という番組をご存じでしょうか? この番組の一企画としてスタートして、旋風を巻き起こしたヒッチハイク旅企画。そのトップを飾ったのが猿岩石でした。当時は無名の芸人で、みんな誰?という顔をしていましたが、番組の過激な企画が受けて大ブレークとなりましたね。

一見無謀ともいえるこの企画でしたが、最終的にはロンドンに無事たどり着いて感動を呼びました。また、この企画のおかげでバックパックでの旅行というスタイルがはやりました。

実は、この企画、やらせだったという話が発覚して、森脇が逮捕されたというのが後々話題に上がっていました。果たしてどんなやらせがあって、なぜ森脇は逮捕されてしまったのでしょう。今回はその真相を探っていきたいと思います。

スポンサーリンク

猿岩石のヒッチハイク旅でやらせ発覚?

猿岩石
引用元:http://columbia.jp/artist-info/saruganseki/

猿岩石とは

ボケ担当の有吉とツッコミ担当の森脇で結成されたお笑いコンビです。 どちらも小学校からの同級生でした。高校時代に、オール巨人氏に弟子入りしていた有吉が森脇を誘って1994年4月に結成したようです。

猿岩石というコンビ名の由来は、有吉、森脇それぞれが思いを寄せていた女性のあだ名が、「猿女房」と「ほくろ岩石」であったことから、「猿」と「岩石」をくっつけて「猿岩石」と名付けたようです。

結成当初、上京後しばらくは後楽園付近で野宿をしていたようです。この辺の詳細は、彼らの著書「猿岩石日記」で書かれているようですので、ご興味ある方は見てみてください。

その後1996年に進む電波少年のヒッチハイクの旅企画に参加して一躍時の人となりました。

やらせの場面

そんな猿岩石のヒッチハイク旅でしたが、当時テレビ番組を見た人はおやっ?と思う場面があったのではないでしょうか?

実は、私もテレビを見ていてそう思った一人でした。当時同じくして、私もバックパックで東南アジアを旅していましたので、ある程度の国境情報は認知していました。ミャンマーが軍事政権となって国境と閉ざしていることとか、中東当たりは危険すぎてとても陸路でなんか国境越えなんかはできないのではないかと思っていました。

テレビを見ていると、そんな難所エリアのヒッチハイク国境越え映像が全くなかったので「おやっ?」と思いました。調べてみると、少なくとも次の3か所が問題の箇所らしいです。

  • タイとミャンマーの国境
  • ミャンマーとバングラインドとの国境
  • テヘランーアンカラ間

つまりこのルートはヒッチハイクという陸路の移動ではなく、飛行機を使ったということになります。

Airplane

これらは紛争や通行が禁止されている区域であり、ましてやヒッチハイクで通り抜けるのは不可能でした。当時番組で放送されていた映像も、これらの国境付近に近づくといつの間にか次の国に入っている猿岩石の姿が放映されていました。

国際事情に詳しい人や世界中を旅しているバックパッカーの人たちからすれば常識的な話であり、ヒッチハイクで通り抜けるのは夢物語だと思っていたに違いないですね。

番組スタッフが言うには、これはドキュメンタリー番組ではなく、あくまでバラエティー番組であり、それも演出の一部といった声も出て開き直りともとれる発言があったようです。仮に、番組ではっきりと「飛行機を使いました~」とナレーションが入っていたらどうなってたでしょうか?おそらく私は、それほど影響はなかったのではないかと思ってます。

バックパッカーや国際事情に詳しい人でしたらにとっては当たり前の話であり、むしろぶっちゃけてくれた方が「正直さ」という面で好感がもてたのではと考えてしまいます。ましてやバラエティー番組の一環なのですから。

それでも結果としては良い企画

それでも、ヒッチハイクで旅を続ける猿岩石は、映像からも伝わってくるほど相当きつい旅をしていたというのは容易に想像がつきます。そして、最終的にロンドンのゴールに到着した瞬間は私も感動しました。

途中、くじけそうになってしまう猿岩石のために、爆風スランプが応援歌を作ってもいましたね。 現地まで行って彼らの生歌を聞いた猿岩石は相当勇気づけられたでしょうね。 見ていた私もウルウルしてしまいました。 その曲は今も私の中での名曲の1つになっています。

感動

たとえ一部のエリアでヒッチハイクをしてこなかったとしても、行けるところまで極力ヒッチハイクで旅を続けてきたのは確かです。一部のエリアで飛行機を使ったとしても、彼らの困難や喜びは十分すぎるほど伝わり、お茶の間に感動を呼んだと思います。だからこそあそこまで盛り上がったのでしょう。

多くの人にバックパックの旅の厳しさや楽しさを十分すぎるほど伝えてくれたのは、この企画があったからではないかと思っています。

森脇が逮捕された理由? その真相とは?

もともとヤンキーとしても地元で有名だった森脇ですので、逮捕の一つや二つくらいはあるでしょう。 ただ、芸能界で生きていくにはこの逮捕歴というのは決して武勇伝として語られてよいものではありません。

なぜ逮捕されてしまったのでしょう? 逮捕されてしまった理由とは何だったのでしょうか?

逮捕

実は、この「森脇逮捕というニュース」は、ユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅の途中で起こってしまったハプニングだということが分かりました。

ヒッチハイクのみで香港からロンドンまでを横断するこの企画ですが、当然ホテルなんかも用意されているはずはありません。大体が野宿で夜を明かすことがほとんどでした。

猿岩石の二人がタイで野宿をしていたとき、不審者と思った地元警察から、職務質問をされたそうです。 そのとき、森脇が、当然現地語も理解しないまま、警察からの質問に対してすべて「yes」で答えたいたようです。 その結果、逮捕ということになったそうです。

なんでも、ハイ、ハイと言えばよいというわけではないですね。これは良いコミュニケーションとは言えないですよね。きっと何かを答えないとまずいことになるという思いがあって、なんでもハイと答えたたのでしょう。そして、警察からの質問の中にYesと答えてはいけない質問があったのでしょう。 翌日スタッフが事情を説明し無事釈放されたようです。

Yesと答えてつかまってしまうこととはどんなものが考えられと思いますか? 例えば、あなたは何か犯罪を犯してますね?とか不法入国しましたか?なんかでしょうか? 言葉の意味が分かれば、間違いなくYesと答える人はいないでしょうね。

スポンサーリンク

一方の有吉は警察の質問に対して何も答えなかったため、逮捕には至らなかったようです。

こちらの方は、理解できます。何を言っているかわからない相手に対しては無言、もしくは、知らないの1点張り。普通に考えれば、ごく普通のリアクションだと思います。

どんなハプニングに見舞われるかわからない旅だったことは確かですが、あまりパニックにならず普通の対応を心がけていたら防げた出来事ではなかったのでしょうか。

まとめ

  • ヒッチハイクの旅なのに一部で飛行機を使ったという「やらせ部分」はあった
  • それでも結果として見ている人に感動を与え、旅の楽しさを教えてくれた良い企画だった
  • 旅の途中には森脇が逮捕されてしまったということもあった
  • 森脇逮捕も「旅にハプニングはつきもの」という教訓を教えてくれた

数々の名場面を世に送り出してきた猿岩石によるユーラシア大陸横断ヒッチハイクの旅。10年以上の前の番組の企画ですが、旅の醍醐味や辛さ楽しさを伝えてくれた非常に貴重な企画だったと思います。

やらせと言われていた部分は、実際すべてヒッチハイクで踏破したのではなく、一部に飛行機を使ったという事実があったようです。ですが、それはバラエティー番組の演出ということを考えれば、出演者の安全と視聴者に対するエンターテイメント性が良く考えられた企画だったと思います。

また、森脇の逮捕はスタッフも想定外だったと思いますが、旅にハプニングはつきものです。それをどう猿岩石の二人は解決していくのかもこの番組の一つの目玉だったのではないでしょうか?

こんな壮大で無謀ともいえるエンターテイメント企画を考えてくれた番組制作者や実際にこの企画に挑んだ猿岩石には素直にありがとうと言いたいですね。毎回とても楽しく拝見していました。

スポンサーリンク